元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

最近の記事

2009年08月31日

マイケルさんの死因となった鎮静剤「プロポフォール」とは?

鎮静剤「プロポフォール」

故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の死因と報じられているプロポフォールとは、病院で使用される即効性の鎮静剤で、麻酔の導入などに用いられる静脈投与剤だ。

 製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)が製造し、ディプリバンという名前でも販売されている。

 25日に公開された宣誓供述書によれば、マイケルさんは薬物の複合使用で死亡したという。その中でも、プロポフォールの使用が致命的となった。

 パリのオテル・デュー病院薬理学部のフランソワ・チャスト氏は、「プロポフォールは非常に強力で、病院外での使用は意図されていない」と語る。「手術室並の設備が整っていない限り、一般家庭で使用されるべきではない」

 投与方法には麻酔の導入や維持のための静脈点滴、または静脈注射がある。

 チャスト氏によれば、ポロポフォールは忍容性が高く患者がすぐに回復するため、手術には望ましい鎮静剤であり、そのため外来患者の手術やある種の治療・診断のための鎮静剤としても一般的に使用されるという。

 ポロポフォールはその他にも、術後の鎮痛剤や抗不安薬としても用いられる。

 しかし、過剰使用は呼吸器や心臓血管の機能を妨げ、心肺停止につながるとチャスト氏は語った。

 マイケルさんの死後まもなく、芸能情報サイトTMZ.comは未確認の情報筋の話として、マイケルさんの自宅からプロポフォールが発見されたと報じていた。

 さらにマイケルさんを担当していた元看護婦は、CNNに対し、マイケルさんから最期の数か月間プロポフォールの投与を求められていたと話している。
posted by 流行の細道《 環境 人気 いまどき 》 at 17:52| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
直前予約No.1 TV.新聞.雑誌大注目

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。